乾燥肌に効く食べ物

 

食べたものは肌に反映されます。脂っこいものばかり食べていると過剰な油分は皮脂となって溢れます。逆に油分を一切食事から取り除いてしまうと皮膚はカサカサになって荒れてしまいます。当たり前のことになってしまいますが結局はどちらもバランスよく、適量を食べることが大切です。

 

ケーキを食べるとお肌に悪いからと言ってケーキを一生我慢して生活するなんて悲しいですよね。皮膚科に相談すると「完食は一切止めて・・・」等と言われることもあるのですが「一切止める」のではなく「食べ過ぎない」事が大切です。毎日毎日ケーキばかり。野菜やお魚は一切食べない。なんてことになってはいけませんが程よい量を3時のおやつのの楽しみに、というくらいであればあまり影響はないと思います。

 

そして乾燥肌に効果的な食べ物ですが、これもバランスが大切です。例えばビタミンAが豊富にふくまれている緑黄色野菜は潤いを保持する働きと新陳代謝を促す働きを持っていますがビタミンAは油と一緒に摂取することで吸収率があがるのです。効果的なものを更に挙げていきます。セラミド(大豆、ほうれん草、小麦等)、脂質(肉類、卵、ごま等)、タンパク質(肉類、卵、乳製品、魚等)等がそれに当たります。これらを日々の食事にバランスよく組み込んでみてください。自然とバランスの良い食事になっているはずです。